PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

トリミングびより

鹿児島県霧島市のたかむれ動物病院のトリミングルームです。
ワンちゃんネコちゃんの最新情報もお知らせできればいいな。
<< 予約診療のご案内 | main | 新型コロナウイルスに感染した方に飼われていたペットの対応について >>
新型コロナウイルス感染症と犬猫
0

    とうとう緊急事態宣言が出ました。

    皆さん不自由な毎日や仕事に影響が出ておられると思います。

     

    この新型コロナウイルスに関する情報少しずつ提供します。

     

    もともと従来のコロナウイルスはヒトでも動物でも感冒症状に似た感染症を起こすことで知られています。

    下痢を伴う消化器症状もおこします。

     

    猫では子猫に感染すると致死的な伝染性腸炎を起こすことも有名なウイルスです。

    感染力が強く、環境汚染するとに清浄化が難しい(数か月)ので猫のブリーダーは非常に怖がっておられます。

    動物シェルターでも感染症を起こして問題になったりしています。

     

    犬ではおう吐と水様性下痢を伴う胃腸炎を引き起こし混合感染すると死亡例もあります。

    犬コロナウイルス感染症にはワクチンがあり混合ワクチンには含まれていたりします。

     

    以上の情報は従来のコロナウイルス感染症です。

    今回の新型コロナウイルス感染症はヒトで大流行しているようですが感染様式や伝播様式がまだ明らかではないようです。

     

    新型コロナウイルス感染症は2020年4月5日の情報では、犬で2例(香港)と猫2例(ベルギー、香港)で感染が確認されています。

    そのうちのベルギーの猫では呼吸器、消化器症状を示したといわれています。香港はわかりません。

    今現在、世界中の専門家は新型コロナウイルス感染症が犬猫を含む動物から人に移るとは考えていません。

    しかし、新型コロナウイルス感染症にかかっている人はペットの世話を家族に依頼するなどしてペットとの接触は避けましょう。

    他に依頼できない場合には、マスクやグローブを装着して世話してください。

     

    | 診療 | 15:36 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 15:36 | - | - |